江戸川病院

社会福祉法人 仁生社

江戸川病院

診療科・部門|形成外科

2020-07-31更新

外傷後の創傷(きず)がスムーズに治癒するように管理します。また、創傷にともなって生じた変形や機能障がいの治療を行います。

例)新鮮顔面骨骨折または顔面骨折治癒後の変形の治療、切断指の治療、手指の骨折の外科治療、熱傷の治療など。

外傷や手術で生じた欠損組織の再建(つくりなおすこと)を行います。

例)乳癌手術後の乳房再建手術。(江戸川病院乳腺外科)

体表の母斑(あざ)や腫瘍について診断、治療をおこないます。外科的治療、保存的治療、レーザー治療などがあります。

外傷や手術の後に残った瘢痕(きずあと)が目立ったり、拘縮(ひきつれ)したりした場合に治療を行います。外科的治療と保存的治療があります。

治癒しにくい(治りにくい)創傷(きず)がスムーズに治癒するように管理します。外科的治療と保存的治療があります。

例)褥瘡の外科治療。

先天性の変形や欠損に対して治療を行います。

例)唇顎口蓋裂、合指(趾)症、多指(趾)症、耳、臍の変形などの外科治療。ポーランド症候群に対する乳房再建。

先天性(生まれつきのもの)や後天性(成人以降に徐々におこったもの)の眼瞼下垂症(まぶたが重くなってあがらなくなった状態)の治療、睫毛内反症の治療、顔面神経麻痺後の変形の治療を行っています。