江戸川病院

社会福祉法人 仁生社

江戸川病院

ガン治療帯

2020.6.1更新

トータルでサポートするあきらめないがん治療

当院のがん治療の特徴は身近な病院でありながら、専門病院と遜色のない知識と技術をもち、
患者さん本位の小回りの利くがん治療を行っています。

ガン治療サポート図

低被ばく・低侵襲の治療

低被ばく

オーダーメイドのMRIガイド下高精度放射線治療(IMRT)を提供しています。腫瘍と正常組織をリアルタイムに監視しながら、ピンポイントで標的を照射します。MRI画像の撮影による放射線被ばくはゼロです。低磁場と高磁場のMRIガイド下IMRTシステムを同時に導入している施設は、世界でも江戸川病院だけです(2020年6月時点)。どんな病状の患者様にも、最適な放射線治療を目指し取り組んでいます。

MRIdian(MRIガイド下放射線治療システム)

MRIガイド下放射線治療システム。MRIの画像を見ながら放射線治療を行うため放射線被ばくがなく、再撮影の負担が軽減されます。
さらにMRI画像は軟部組織のコントラストがよく、CT画像では難しい、肝、骨、および脳の病変を識別しやすいためより正確な放射線治療を実現しています。

MRdian

低侵襲の治療

MRIフュージョン生検

MRIと3Dエコーをフュージョンさせて、がんが非常に疑わしいところを確実に生検できます。これにより、MRI陽性症例の確実な診断率向上と再生検のリスクが減ります。

MRIフュージョン生検

ロボット支援手術

泌尿器科、外科手術で導入しています。

ダヴィンチ手術

腹腔鏡下・胸腔鏡下手術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

従来の内視鏡的顛末切除術(EMR)で対応困難な、食道・胃・大腸の面積の広い早期がんに対しても治療が可能となりました。

ダヴィンチ手術2

リンク