江戸川病院

社会福祉法人 仁生社

江戸川病院

新外来化学療法センター

2021.3.10更新

新外来化学療法センター

新外来化学療法センター稼働・新センター長就任のお知らせ

3/1 装い新たに化学療法センターが稼働します。
従来の救急外来前から院内奥へ移動し、プライバシーに配慮した25ブースを設置しました。心地よい空間で安心して治療を受けていただけます。がん薬物療法専門医、がん化学療法認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、がん相談員がチームとなり、患者様を多方面からサポートします。

新外来化学療法センター CGイメージ1
新外来化学療法センター CGイメージ2

新センター長就任のお知らせ

令和3年1月1日より腫瘍血液内科副部長の後藤宏顕医師が新センター長に任命されました。

化学療法センター長就任の挨拶
後藤宏顕

令和3年1月1日から化学療法センター長に就任致しました。平成22年腫瘍血液内科に着任し、固形癌治療に携わって参りました。新規化学療法室オープンの時期にこのような大役を拝命し身の引き締まる思いであります。

近年がん治療は目覚ましい発展を遂げております。化学療法の分野では新薬の承認が相次いでいます。長生きしてほしいという医療界全体の願いが次々に身を結んでいるということでもあります。結果として患者数増加に治療数増加も相まって当院での治療件数は増加し続けております。

しかし、従来の治療室では患者さんの待ち時間が長くなり、ときには予定日に投与できない事態が発生して参りました。スタッフは迫る投薬に追われ、安全面の確保や患者さんとの交流も困難になる事態に陥りました。そこで増床した新規治療室がオープン致しました。待ち時間短縮とともに快適な治療室で有効な化学療法を安全に、ときにはスタッフと副作用について話し合いながら治療を続けられる環境が整ったと確信しております。

後藤宏顕

医療は一方通行では決してうまくいきません。患者さんの不安をとりのぞき、治療に専念できるようスタッフ一同取り組んでまいります。

後藤 宏顕

リンク