江戸川病院

社会福祉法人 仁生社

江戸川病院採用サイト 看護部特設ページ

Entryエントリー

看護部について

江戸川病院 看護部の特長

がん医療・先端医療に注力

がん医療・先端医療に注力

地域の基幹病院として「がん医療」「先端医療」に力を入れています。

多様性を尊重

多様性を尊重

個人の多様性を大切にしています。その想いを表現する1つとして、看護部では決まったユニフォームを廃止しました。指定のものの中から自分の好きな色や仕様を自由に選ぶことができます。

若手が活躍中!

若手が活躍中!

日本の看護職員の平均年齢は43歳ですが、当院の看護部は32.3歳。若手が中心に活躍する職場です。

セカンドキャリア

セカンドキャリア

既卒入職者も多く、看護職のセカンドキャリアを積めます。

看護理念

「思いやりのある患者様中心の看護」

看護目標

  1. 事故のない安全な看護ができる
  2. 個別性のある看護ができる
  3. 知識技術の向上を図る
  4. 患者様の生命・人格・人権を尊重する
看護部集合写真

看護基準

7対1看護基準を取得

「7対1看護体制」は「1人の看護師が平均して7人の患者様を看護する」現在の看護配置基準では最高のランクとなります。 患者様の想いに寄り添い、看護の専門性を高め、より安全でゆとりのある看護の提供ができます。これまでの「10対1看護」に比べると一人あたりの患者を見る数が減少するため、時間にゆとりがもて、しっかりとした教育と良質な看護を提供できる体制が整いました。

看護方式

PNS(パートナー・ナーシング・システム)

看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的とし、2人の看護師がよきパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供方式である。2人の看護師は、毎日看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟内の係りの仕事に至るまで、1年を通じたパートナーとその成果と責任を共有する。

勤務体制

2交代制

看護師各種資格

POINT

認定看護師のほとんどは病院からの補助を受けて
キャリアアップしています!

1.認定看護管理者

2.専門看護師

  • がん看護専門看護師

3.認定特定看護師

  • 皮膚排泄ケア認定特定看護師
  • 感染管理認定看護師
  • 糖尿病看護認定看護師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 緩和ケア認定看護師
  • 手術看護認定看護師
  • 認知症看護認定看護師
  • 慢性心不全看護認定看護師

4.その他

  • 医療安全管理者
  • 日本糖尿病療養指導士
  • NST専門療法士
  • 認知症ケア専門士
  • AHA BLSインストラクター
  • 周術期管理チーム認定看護師
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 弾性ストッキングコンダクター
  • 高血圧
  • 循環器病予防療養指導士
  • 心電図検定1~3級合格
  • 運動実践指導者
  • 臨地実習指導者
  • 住環境福祉コーディネーター
  • 消化器内視鏡技師
  • 介護支援専門員
  • 東京都災害支援ナース
  • 第一種衛生管理者 
  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • 骨粗しょう症マネージャー
  • 腎臓病療養指導士
  • 慢性腎臓病療養指導看護師

福利厚生施設

江戸川病院ではみなさまが安心して働ける環境を整えています。

24時間保育の保育施設

働く看護師さんのサポートとして院外委託の24時間保育「キンダーランドPippi」があります。とてもやさしい保育が行われており安心です。

キンダーランドPippi 室内の様子

キンダーランドPippi 室内の様子

保育風景

保育風景

キンダーランドPippi 室内の様子2

キンダーランドPippi 室内の様子2

対象年齢
産休明け3・4ヶ月の首がすわった0歳児から入学前の乳幼児
基本保育時間
年中無休(年末年始を除く)
【通常】AM8:00~PM6:30
【夜間保育】PM5:00~翌AM9:00(延長保育有り)
保育方針
「明るく、たくましく、集中できる子ども」を保育目標とし、働く職員の方々の為、福利厚生施設として、仕事と子育ての両立を支援するとともに、基本的な生活習慣や態度、豊かな心情、創造性を培うよう保育にあたります。

マンション・アパート完備

希望者は全員入居可能。民間のマンション・アパートを借り上げているため、プライバシーは守られ、快適な生活を送れます。

  • 寮費は月々35,000円前後
  • 入居時の諸費用は不要
玄関

玄関

お風呂

お風呂

大型のクローゼット完備

大型のクローゼット完備

キッチンは料理好きにも嬉しい2口コンロ

キッチンは料理好きにも嬉しい2口コンロ

女性にうれしい独立洗面台やインターホンなども完備

女性にうれしい独立洗面台やインターホンなども完備

ワークライフバランス

仕事だけではなく、プライベートもしっかり確保する具体的な取り組みがあります。

子育て中でも安心して勤務可能

子育て中でも安心して勤務可能

育児中の夜勤回数や実施日への配慮、24時間保育を行う保育所の利用など、子育て中の看護師に優しい環境です。

勤務シフトは看護協会の
ガイドラインを遵守

勤務シフトは公益社団法人日本看護協会の「看護職の夜勤・交代勤務に関するガイドライン」を参考に勤務表を作成。無理なシフトにならないよう配慮しております。休み等の希望は最大4日まで聞いています。

勤務シフトは看護協会のガイドラインを遵守
研修や委員会は『勤務時間内』で

研修や委員会は『勤務時間内』で

看護部内の研修や委員会などは、勤務後ではなく勤務時間内で実施できるように工夫しています。

看護師の業務サポートを充実させ
残業時間短縮

タスクシフティングによる、クラーク・ワーカー・ポーターなどの配置を行い、看護師の業務をサポートする体制を構築。分担して業務負荷を下げることで残業や勤務時間短縮に繋げています。

看護師の業務サポートを充実させ残業時間短縮

その他の取り組み

ハラスメント対策

法人本部にキャリアサポートグループ(人事部)があり、ハラスメントで悩まれている際には、直接ご相談いただける仕組みができております。

教育制度

1人1人それぞれの成長を応援していく
臨床の場への「学習転移」を目指した教育体制の構築を目指しています。

江戸川病院の看護教育

教育理念

互いに思いやり、幸せにできる看護師を共育する(互いに共に)

教育目的

【1】専門的知識・技術をもって根拠に基づいて、自ら看護ケアを実践できる看護師を育成する。

【2】江戸川病院看護部の組織の一員であることを自覚し、人間性・社会性を自ら育むことができる看護師を育成する。

教育目標

【1】人間性と社会性を学ぶ機会を設け、対話を通じて看護の本質を探究できる学習の場を提供する。

【2】主体的に学びを深める環境を整え、考えを尊重しチーム医療に参画できる力を養う学習の場を提供する。

【3】看護の倫理観を学び、専門家としての知識、技術を習得できる学習の場を提供する。

教育方針

【1】 教育という手段を用いて、1人1人それぞれの成長を応援します。

【2】 臨床の場への「学習転移」を目指した教育体制の構築を目指します。

【3】 経験学習理論に基づいて、OJTの強化を意識します。

【4】 医療安全、感染管理、褥瘡対策を集合研修に取り入れ基本的な能力開発に寄与します。

【5】 JNAのクリニカルラダーに準じ、当院のクリニカルラダーの開発を始めます。

コンセプト

「What it is and what it is not ― 看護であること、看護でないこと」

看護職であるなら、誰でも1度は目にしたことがある「看護覚書」の副題である。看護の専門職として「看護とは何か?」を常に問い続けなければならないが、時としてそれは言語化されることで、より抽象的で、より概念的な枠組みから抜け出せなくなってしまうのではないだろうか。その概念的でより高尚な立場からでしか語られることのない看護は、臨床の現場で意味はあるのだろうかと考えました。 日々の目の前の患者との関わりの中で「看護であること、看護でないこと」、「いったい何が看護であるのか?」を問う能力を養うことが、看護実践を正しく具体的に言語化し、結果として看護の本質に結びつくのではないかと考えています。

教育研修制度の概要

構造と特徴

看護師歴卒後1~3年目を「ファースト」として、看護の基本的な知識や技術を養うために系統的な学習計画を立てています。そして、1年目は看護観、2年目は看護倫理、3年目は看護研究を組み入れ、これまでの経験を言語化できるように働きかけ、結果として4年目以降の成長につながるように促していきたいと考えています。 現在「医療安全」「感染管理」「褥瘡(ケア)」は、臨床で働く看護職にとっても必須の知識と技術であると考え、基礎的かつ経年的な研修を取り入れ、看護の質の向上を図り、臨床現場に還元していきたいと考えています。

また、「BLS」「エンゼルケア」「フィジカルアセスメント」「口腔ケア」などを取り入れ、日常の実践能力の強化を図っています。 卒後3年目に実施する「リーダーシップ研修」は、これからチーム医療を担う中心的な存在となり活躍していくための、基礎的な力や後輩を育成/支援していく力を身につけるために実施しています。

そして、当院看護部の看護方式であるPNSの基本を形成するマインドについても、卒後1~3年目まで研修を実施し、マインドの醸成に役立てていきたいと考えています。 今年度も事前課題に学研オンデマンド活用し、反転学習や共同学習を取り入れこれまで以上に学習効果が高まることを期待しています。 看護師歴4年目以上を「セカンド」としています。当院看護部では1番母数の多い集団であり、様々な経験を通して多様性も高いのが特徴です。 PNSのマインドを醸成していく中心的役割を担う存在として、PNSマインド研修やPNS基礎研修を実施しています。「エンゼルケア」も計画的に継続しています。それは死を迎えた後の患者・家族の看護を学ぶことが、結果として、尊厳や意志を守る看護につながると考えているからです。 また、臨床上多くの問題と直面する「医療安全」、「口腔ケア」、「インスリン管理」、「認知症ケア(応用)」など、毎年ブラッシュアップし実施していきます。それは実学指向であり、臨床現場での疑問解決につながり、結果として看護の質の向上に貢献できると考えているからです。

また、各分野の第一線で活躍している看護師、当院在職の認定看護師を中心に講師陣に揃え、看護師歴4年目以上を対象とした、専門分野の研修を実施することに特化した「専修分野」を開設しています。 看護補助者と看護師の協働する中で、看護補助者にも知識が求められてきています。その為、年間計画に沿って、当院所属のケアワーカーにも研修を提供しています。 そして、学研オンデマンドのIDパスワードを看護師1人1人に発行し、時間や場所を選ばず学習の機会を得られるようにしています。

奨学金制度

  • 時期に関係なくいつからでも随時申し込み可能です。
  • 看護学生さんだけでなく、専門看護師、認定看護師を目指す現職の看護師さんもご利用いただけます。
  • 貸与期間を在職すると奨学金の返済は免除されます。
奨学金制度

採用についてもっと知りたい方は

採用に関するご相談

採用に関する質問・ご相談は下記までお気軽にお問い合わせください。

03-3673-1221(代表)

aoki@edogawa.or.jp

採用担当 看護部青木

募集要項 内定者専用ページ

日々の情報はブログをどうぞ!

看護部の日々のニュースや出来事をブログで配信中!こちらもよろしくお願いします。