血管外科

血管外科

大切断から足を救う

糖尿病足、維持透析、膠原組織、バージャー病などによる足壊疽で多数の患者さんが膝下、膝上、あるいは股関節で下肢を切断されています。最近は糖尿病の世界的な増加により30秒に一本の足が切断されていると言われています。しかし実際には、医師の知識不足、治療経験不足、不適切な治療などにより無用な切断が実施されている現状が有り、本当に切断が不可壁で必要であった患者さんはそれほど多くはありません。膠原病は原疾患の治療が安定していれば難治性潰瘍や足部壊疽はバイパスや筋皮弁移植により救済できます。バージャー病は喫煙が病状の悪化と密接に関係しますので足を切断から救うには、禁煙すると言うあなたの重大な努力も必要です。

詳細は「笹嶋唯博 Tadahiro Sasajima MD, PhD./大切断から足を救う

糖尿病・維持透析の足を切断

足の半分以上が壊疽になっていても踵がいきているならば救済することを考えます。すなわち化膿性足関節炎(足首の関節が化膿している)、踵骨や距骨(足関節を造っている骨)、脛骨(すねの骨)などの骨髄炎(骨の感染)がなければ、膝下や膝上の切断を免れる可能性があります。足の半分以上が壊疽になっている場合、医師は切断を奨めますので、そこであなたは拒絶する必要がある訳です。

詳細は「笹嶋唯博 Tadahiro Sasajima MD, PhD./大切断から足を救う

胸郭出口症候群


胸郭出口症候群(TOS)は神経性(nTOS), 動脈性(aTOS),および静脈性(vTOS)の3つに分類されます。
神経と血管の圧迫部位は、前2者が第一肋骨を底辺とする前斜角筋と中斜角筋で形成される3角形の隙間(胸郭出口)を通過するところで圧迫されるのに対し、
vTOSは鎖骨と第一肋骨の間で圧迫され、静脈が閉塞する病態です。

これらの内、最も多いのはnTOSで90%以上を占め、 C5-8およびT1の神経束が圧迫され肩、背中、上肢のしびれや痛みを発生します。
nTOSの治療では、仕事や日常生活に高度の支障がある患者さんに手術が必要ですが、日本では外科医により手術方法が大きく異なる問題があります。

手術法として国際的には第一肋骨(亜)全摘、前斜角筋および中斜角筋切離、さらに必要により小胸筋腱切離が標準的術式ですが、
第一肋骨部分切除や前斜角筋のみの切離など簡略的手術も行われており、長期的な治療効果や再発などの点で問題が少なくありません。

治療を受けられる際には上記の諸点を念頭に置いて医師の説明を聞く必要があります。

詳細は「笹嶋唯博 Tadahiro Sasajima MD, PhD./胸郭出口症候群

お問い合わせ先

切断せずに治療ご希望の患者様は
当院医師、笹嶋唯博医師の専用サイト
笹嶋唯博 Tadahiro Sasajima MD, PhD./お問い合わせ」より
ご連絡をお願い致します。