腰椎分離症

概要

腰椎の関節突起間部でつながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている病態である。主に第5腰椎に生じ、学童期に多く発症することから原因はスポーツ活動による繰り返しの外力による疲労骨折と考えられている。バイオメカ二クスでは、分離症発生には伸展と回旋運動が重要とされる。Extension stress test、Kemp sign陽性、限局した棘突起の圧痛などの臨床所見に加え、早期診断にはMRIとCTが有用とされ、終末期とされる偽関節には至らない初期や進行期であれば、運動やコルセットで骨癒合が得られる可能性はある。青壮年期で分離症は安定期で無症状となるが、トップアスリートでは成人発症の新鮮分離症例があると注目されている。

治療

現時点で確実な予防法は見当たらないが、発育期スポーツ少年では下肢筋の硬さが多いとされ、ストレッチやパフォーマンス時の体幹と骨盤リズムの評価をすることがリハビリテーションで重要とされる。