疾患 癌

今回当江戸川病院では、「がん患者リハビリテーション料」の施設基準の取得をし、がん患者様へのリハビリテーションの質を高めて行きたいと考えています。それに伴い病棟スタッフと連携し、患者様へのリハビリテーションの充実を図っていきたいと考えています。

がん患者リハビリテーションはチームアプローチが基本になっているので、リハビリテーション指示が出た際に、医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー(MSW)の介入開始となります。

がん患者様に対するリハビリテーションの特性

がん自体が直接、体力低下や機能障害を引き起こす(例:腕神経層への浸潤による腕の麻痺)ことに加え、手術・化学療法・放射線療法等のがんの治療によっても合併症が起こることから、がんの種類や位置、進行を考慮したリハビリテーションや治療を導入する際には、治療後に起こりうる障害を見越した治療前からのリハビリテーションが重要となります。

他のリハビリテーション対象疾患(脳卒中、大腿骨頸部骨折等)と異なり、がんは原疾患の進行に伴い、機能障害の増悪、二次的障害が生じるため、進行により生じる様々な症状に対応する必要があります。

対象とする患者様とリハビリテーションの内容

以下の対象とする患者様において、必要に応じてリハビリテーションを提供させていただきます。

・術後合併症予防のため、術前からの呼吸方法や喀痰排出のためのリハビリテーションを行ないます。

・舌がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、その他頚部リンパ節郭清を必要とするがんにより手術を施行された、又は施行される予定の患者様に対し、術前・術後の適宜代用器具等を用いた、発声や嚥下の訓練や肩・肩甲骨等の運動障害に対するリハビリテーションを行ないます。

・骨軟部腫瘍又はがんの骨転移により当該入院中に患肢温存術又は切断術、創外固定又はピン固定等の固定術、化学療法もしくは放射線治療が施行された又は施行される予定の患者様に対し、義肢や装具を用いたリハビリテーションや、患肢以外の機能獲得のためのリハビリテーションを行ないます。

・原発性脳腫瘍又は転移性脳腫瘍の患者で、当該入院中に手術又は放射線治療が施行された、又は施行される予定の患者様には、構音障害や麻痺等に対する訓練等を行ないます。

・血液腫瘍により当該入院中に化学療法又は造血幹細胞移植を行う予定又は行った患者様には、心肺機能維持・向上や血球減少期間短縮のためのリハビリテーションを行ないます。

・緩和ケア主体で治療を行っている進行がん、末期がんの患者様であって、症状増悪のため一時的に入院加療を行っており、在宅復帰を目的としたリハビリテーションが必要な患者様には、自助具等の使用方法指導とリハビリテーション、摂食・嚥下療法、呼吸法の指導、日常生活動作のリハビリテーション・指導等を行ないます。