疾患 整形外科

リハビリテーションの対象

人工関節置換術や脊柱管狭窄症の手術後、大腿骨頸部骨折をはじめとする一般の骨折・関節の手術後など多様な整形外科疾患に対応したリハビリテーションを行っています。

具体的なリハビリテーションの内容

疾患に応じて評価を行い疼痛や関節運動、筋力低下の部位や原因を明らかにし、歩行障害をはじめとする、各種日常生活動作における障害の改善を目的にリハビリを実施しています。具体的な内容として、物理療法、徒手療法、関節可動域訓練、筋力強化、歩行訓練、エルゴメーター、階段昇降をはじめとする日常生活動作訓練など患者様の状態に合わせて訓練を実施しています。

人工関節センター

当院は人工関節センターを有しており、人工膝関節置換術及び人工股関節置換術を年間例行っています。リハビリテーション科では必要に応じて術前から関わり、術翌日より早期にリハビリを開始し、早期機能回復、早期社会復帰を目指して患者さんと共に日々トレーニングに励んでいます。

人工関節手術後のリハビリ

人工関節をいれることで骨自体の痛みである1次性の痛みは取り除かれます。リハビリでは筋肉や、その他関節周囲の軟部組織が原因である痛みに対し、関節周囲組織の柔軟性を獲得し、筋力を増強し関節の安定性を高めることで徐々に痛みの軽減を図っていきます。

このように痛みが軽くなることによって立ち上がり・歩行を行うのが楽になります。また歩行等の動作練習と並行して関節を動かすことで、関節角度の拡大を図ります。手術前の関節角度により獲得できる角度は個々で異なってきますが、立ち上がり、階段の上り下りといった日常の動作がスムーズに行えるような関節角度の獲得を目指していきます。