疾患 心大血管疾患

心臓リハビリテーションの対象

心筋梗塞、狭心症、心臓手術後の患者さんは、心臓の働きや全身の持久力が低下しています。また、心臓の治療のため安静な生活を続けたことによって、運動機能や体の調節機能も低下しています。

医師の治療、理学療法士による運動療法や薬剤師による薬剤指導及び栄養士による栄養指導、看護師による日常生活指導を通して疾患の治療のみならず再発の予防も考慮した総合的なリハビリテーションを行います。

このプログラムを通して、社会復帰や職場復帰の前に、低下した体力を安全な方法で回復させ、精神面でも自信をつける必要があります。

具体的なリハビリテーションの内容

心筋梗塞、狭心症、心臓手術後の患者さんに対して、血圧、脈拍及び必要に応じて心電図にて、安全面の管理をしながら自転車エルゴメーターを中心とした運動療法を行います。

CPX(心肺運動負荷試験)

運動中の心臓と肺の状態を測定し、危険の少ない運動の強さ・時間を決めるために行います。
自転車(エルゴメーター)をこいでもらい、徐々に負荷量を上げていきます。運動中は心電図、血圧、呼吸中の酸素と二酸化炭素を測定し、そこから運動時の心臓と肺の状態を把握します。これにより心臓の機能に問題がある方でも、安全に運動を行う目安が分かります。適度な運動の継続により肥満の予防・改善、心臓の機能維持・向上、高血圧の予防・改善等が認められることが分かってきましたので、心不全・心筋梗塞等の予防や心臓の機能の向上を目的に適度な運動が継続できるように支援させて頂きます。

毎日の運動療法に加えて、理学療法士による運動療法や薬剤師による薬剤指導及び栄養士による栄養指導、看護師による日常生活指導を適宜実施していきます。