循環器内科_房室ブロック

房室ブロックとは

脈が遅くなる不整脈の一種です。
症状としてはめまいや失神が主ですが、無症状でも健康診断などで脈が遅いのが発見され、房室ブロックと診断される場合があります。

原因

正常な心臓は電気刺激の興奮により動いています(別頁の電気生理検査を参照)。
房室ブロックとは、房室結節の働きが悪くなり、心房の興奮が心室まで十分に伝わらない状態で、程度により1度~3度に分類されます。

  • 1度房室ブロック →伝導は悪いが心室には1:1で興奮は伝わっている
  • 2度房室ブロック →心室への興奮が時折途切れる
  • 3度房室ブロック →心室への興奮が完全に途切れている

加齢による房室結節が変性による機能不全が多いですが、心筋梗塞や心筋症・心筋炎などで房室結節が障害されて出現することもあります。
また、薬剤の副作用によっても発現することがあります。

症状

めまいやふらつきが多くいですが、3度房室ブロックになると一時的に心停止することになり失神を起こすことがあります(Adams-Stokes発作)。
また、徐脈の影響で心臓に負担がかかり心不全の状態になると、息切れや易疲労感、動機などが出現します。
1度であれば無症状で発見されることも多く、健康診断などで指摘をうける場合があります。

検査・診断

心電図によって診断されます。
症状があるときに心電図上で診断できることもありますが、それだけでは不十分な場合が多く、ほとんどは24時間ホルター心電図による検査を必要とします。
また、心電図でははっきりと診断できなくとも非常に疑わしい場合は、電気生理検査を行って診断する場合もあります。
診断されてから治療対象か確定させるために、トレッドミル試験で運動負荷を行うこともあります。

治療

薬物療法

障害された房室結節を改善させる薬物は残念ながら存在しません。
洞不全症候群と違い、心臓の動きを刺激するような薬剤を用いても脈が増えることは期待できず、ペースメーカー治療となる場合がほとんどです。

ペースメーカー治療

徐脈性不整脈における治療法として確立されている第一選択の治療です。
一般的には左肩の血管から電極のついたリードを心臓内に挿入し、ペースメーカー本体につないだ後、本体を皮下に植え込みます。
この電極で心臓の動きを感知して、脈が遅い場合には本体から電気刺激が流れて、心臓を刺激して動かすという原理です。

ペースメーカー植込みは手術ですが、局所麻酔を行うことが可能で時間は約60~90分程度ですので、体にかかる負担はほとんどありません。
本体は500円玉より一回り大きい程度のサイズで、皮下に植え込まれるとほとんど目立ちません。
本体は電池で動いていますので永久ではありません。
一般的な作動で約7~8年程度の寿命です。
電池の寿命については外来にて定期的にチェックさせていただき、電池がなくなりそうになったなら、本体のみ交換する必要があります。

ペースメーカーの適応ですが、脈が遅ければすべての患者様がペースメーカーの適応かと言えば、そんなことはありません。
1度の房室ブロックではペースメーカーの適応はありませんが、2度や3度でめまいやふらつき、心不全などの臨床症状があるかたは適応となります。
また、植え込み型のペースメーカーの適応があるのか判断に窮する場合は、体外式ペースメーカーと呼ばれる簡易型のペースメーカーを一時的に挿入して経過観察する場合があります。