地域連携室のご案内

地域連携室のご案内

地域連携室

地域連携室の役割

・ご紹介に関する問合せ
・診療所または病院の先生から当院医師へのご伝言
・地域連携室だより「EDOGAWA HOSPITAL TODAY」「EDOGAWA HOSPITAL エディ」の定期発行
・診療情報提供書フォームの郵送:ご請求の都度
・ご質問・ご意見・ご要望窓口
・当院医師からのご返事が滞った場合の受付窓口
・「外来診療一覧表」の発送
・「医療情報セミナー」「健康教室」の開催
・「インフォメーションカード作成」

病院と医院(診療所・クリニック)役割の違い

設備の整っている大きな病院に患者様が集中すると、長い待ち時間が発生してしまいます。症状に合わせた医療機関を選ぶことで、必要な医療が多くの方へ届きます。

 

医院・クリニック・診療所(かかりつけ医)

日常の健康相談や初期の診断、在宅医療などといった最も身近な医療機関です。かかりつけ医を持つことで、日々の健康状態を把握し、体調の変化があった時の早期発見につながります。

急性期病院(急性期治療)

緊急もしくは重症な患者様を中心に、入院及び手術等、高度で専門的な医療を24時間体制で行う病院です。江戸川病院は急性期病院にあたります。

慢性期病院(慢性期治療)

介護施設なども含まれる、長期的な医療や介護、リハビリテーションなど、療養を中心とした医療のこと

 

これらの各医療機関と連携を図り、患者様の状態に応じた適切な医療が適切な施設でご提供できるように、連携をとることも地域連携室の重要な役割です。

また病気の早期発見と早期治療に貢献しようと一般住民の方々へ向けて、定期的に「医療情報セミナー」を開催しています。当院の医師が登壇し、みなさまへ正しい知識と情報をお伝えしています。

 

地域連携の流れ

地域連携の流れ