作業療法(OT)

業務療法について

リハビリテーションの中では、主に、病気やケガによる障害のために不自由になった日常生活上の様々な問題に対して色々な作業活動を用いて訓練を行っています。そしてより良い生活の再獲得に向けてのサービスを提供する部門です。

私達は一日の『生活(朝起きてから夜寝るまで)』の中でたくさんの『活動』をあたり前に行っています。それぞれの年齢(新生児~高齢者)や役割(会社員、主婦、学生など)により、その『活動』内容は多岐にわたり、一人一人違うものであると言えます。

作業療法では、健康に生活するために行う『目的ある活動(生活全般)』を『作業活動』と捉えています。それらの『作業活動』は、身体・精神・心理面の3つの要素から構成されており、大きくは以下のように分けられます。

日常生活活動…食事、排泄、入浴、移動など
生産活動…仕事、家事(調理、洗濯、掃除)など
余暇活動…趣味(手工芸、運動)など

これらの活動を細かく分析し、治療に用いることが作業療法です。

当作業療法室が対象とする主な疾患は、脳出血・脳梗塞などの脳血管疾患や、骨折・骨関節疾患等の整形外科疾患であります。その他には、内科疾患、外科手術後の全身状態の低下(廃用症候群)や、呼吸・循環器疾患などが対象になっています

上肢(手)や下肢(足)の治療・訓練

手の外傷や手足のマヒ(脳梗塞や神経損傷などによる)に対して、作業活動を用いて筋力増強や手足の細かい動き(巧緻動作)の練習を行ったり、手足を動かすために必要な全身のバランス能力を向上させる訓練を行います。更にこれらの作業活動を通して全身の持久力向上につなげます。

基本動作訓練

ベッドでの寝返りや起き上がり、ベッドや椅子からの立ち上がり、杖などを使用しての歩行、車椅子での移動などの動作の訓練を行います。またこれらの訓練を通して日常生活動作に必要な安定した座位や立位を獲得し離床(寝たきりからの脱却)を促します。

日常生活動作訓練

食事・更衣・排泄・入浴・整容(身だしなみ)などの具体的な動作の練習を病棟や作業療法室で行います。

家事動作訓練

自宅へ退院後に必要となる、炊事(調理)・洗濯・掃除などの家事動作や、外出訓練等を実際に行い、練習します。

利き手交換

利き手に障害をもった場合に、反対側で箸の使用や書字などの細かい動作(作業)が習得されるように練習を行います。

自助具の考案・作成

筋力低下や運動障害のために日常生活において困難になった動作が生じた場合、必要に応じて作業療法士が個人に合わせて道具を作成したり、既製の道具を紹介します。

家族指導

ご家庭で実際に介助されるご家族の方に介助方法の指導や利用できる社会的サービスなどの紹介(情報提供)をします。

家屋改造に対する助言

ご自宅へ退院される場合、患者様本人のみでなく同居(介護)される、ご家族にとっても日常生活動作が行い易いように家屋内の改修などについて助言します。この場合、必要に応じて実際にご自宅へ伺い介助の方法等も合わせて指導します。

その他、各患者様の状態や状況に合わせて様々な動作(活動)を用いて訓練を行います。

作業療法教育施設
作業療法士の養成校より依頼をうけ、年間を通じ複数名の学生の臨床実習を受け入れています。