スポーツと貧血

概要

貧血とは「血液中のヘモグロビン濃度が低下した状態」を指します。肺から身体に取り込まれた酸素は赤血球の中のヘモグロビンと結合して身体の隅々の細胞に運ばれます。このヘモグロビンの濃度が低下すると酸素運搬能力が低下するため、パフォーマンス、特に持久力に直接悪影響を及ぼします。ですから、スポーツ選手は貧血になってはいけないのですが、後述の理由でヘモグロビンの原料となる鉄が不足しやすいため、貧血(鉄欠乏性貧血)を起こしやすく、よく知っておく必要があります。

原因

大量の汗をかくことによって鉄が失われやすくなることが主な原因です。毎日2リットル発汗をすると、それだけで通常生活の2倍の鉄が失われることになります。発汗以外にもランニングによって足の裏で血液が持続的に破壊されたり、消化管、すなわち胃や腸で微小な出血が起きたりして貧血になりやすいとも考えられています。「スポーツ貧血」といわれるゆえんです。