オスグッド・シュラッター病

概要

発育期の小中学生に多く、過度のスポーツなどで膝下に負担が大きくかかると発生します。

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛くなります。

時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。

大腿四頭筋は、膝を伸展させる働きをしていますが、この大腿四頭筋の力が膝蓋骨・膝蓋腱を介して脛骨結節に伝わります。膝を伸ばす力の繰り返しにより、まだ未成熟の脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

治療

大腿四頭筋のストレッチングやバンドによるサポートなどを用いてある程度のスポーツ活動を継続できますが、症後3~6ヵ月は無理にスポーツを続けるほどに症状は強くなり、痛みが強くなると休養が必要となます。多くの場合、適切な治療・休養とリハビリで保存的に軽快します。