腫瘍血液内科のご案内



 

日本人の死亡原因の約1/3はがんによって占められています。
日本でもようやく2006年6月16日に『がん対策基本法』が成立し、
がん予防、治療、撲滅に重点が注がれるようになりました。



腫瘍血液内科診療実績


2010年 腫瘍血液内科入院患者数:295名



がん治療認定医 がん薬物療法専門医


『日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医』は3名おります。
がんや血液疾患の患者様に安心して受診していただける体制となっております。



『腫瘍血液内科』診察予定





大澤・・・固形がん及び血液疾患
明星・・・主に血液内科
後藤・・・固形がん
判田・・・主に血液内科
泉二・・・主に血液内科





パンフレット 『”がん”のマメ知識と予防』




外来化学療法センターのご案内


外来化学療法センターには、皆様が快適な環境で安全に
がん化学療法や放射線療法が受けられるように、
専任のがん薬物療法専門医、看護師、薬剤師を配置いたします。




日本臨床腫瘍学会認定研修施設


江戸川病院は『日本臨床腫瘍学会認定研修施設』に認定されました。



マスメディアでの紹介


  • 『読売新聞 2011年9月4日』
    病院の実力 〜抗がん剤選択、副作用に精通〜 専門医全国に586人
    江戸川病院の大澤浩腫瘍血液内科部長ががん薬物療法専門医として掲載されました。

  • 『読売新聞 2011年9月4日』
    病院の実力 〜がん薬物療法専門医〜 人材育成の体制課題
    抗がん剤治療の専門家であるがん薬物療法専門医について取り上げています。
    江戸川病院の大澤浩腫瘍血液内科部長、明星智洋腫瘍血液内科医長が掲載されました。