トップページご来院のみなさまへ病院のご案内診察科目のご案内 診察担当表医師紹介フロア案内付帯施設のご案内お知らせ交通案内求人のご案内臨床研修情報各科の実績のご紹介設備・機器のご紹介地域連携室のご案内
 ■整形外科 開設年度

平成6年8月に、慶應大学整形外科医局を退局し田中京子が常勤医師となり、整形外科を開設いたしました。それ以前は、東京医科歯科大学の非常勤の医師により外来を行っていたと聞いております。

このページのトップへ戻る
歴代責任者
田中 京子 平成6年8月〜平成9年6月
栗村 誠 平成9年7月〜平成15年3月
加藤 正二郎  平成15年4月〜
このページのトップへ戻る
大学医局との関係

当院院長が慶應義塾大学を卒業していることから、同大学整形外科医局に医局員の派遣依頼をし、平成9 年7月に栗村前部長が派遣されました。
平成12年4月より女子医大リウマチ痛風センター整形外科講師の桃原医師(現助教授)の計らいにより、同センターからも当院に医局員が派遣されることとなりました。
平成11年より慶應義塾大学整形外科医局より増員を頂き、現在は常勤3人体制で働いています。また、栗村前部長の退勤を受け平成15年4月より私が派遣され整形外科の責任者をさせていただいています。

このページのトップへ戻る
発展の経緯

平成6年より田中医師が常勤となり整形外科外来を開始いたしました。
その後平成9年7月から慶應義塾大学整形外科より、栗村前部長が正式に派遣され統括管理をするようになりました。当初常勤医師は1名でしたが、前部長の内外への精力的な活動が報われた形で、平成11年4月より今林英明医師が増員され、常勤医師2名となり、さらに平成12年4月より女子医大リウマチ痛風センターより岡田尚之医師が派遣され、常勤3人体制となりました。女子医大からはその後、原川尋江医師、宮脇素子医師が歴任されました。また、慶応大学からは谷田部拓医師、陣内雅史医師が歴任され、平成16年4月からは私、加藤正二郎が勤務しております。

このページのトップへ戻る
主要対象疾患

整形外科全般を網羅すべく日々研鑚しております。特に整形外科の緊急症例に常に対応できるようにオンコール体制をとるとともに、外来、病棟とも緊急手術が可能な様に整備しております。また、慢性疾患に対しても広く対応できるように慶應義塾大学整形外科の経験豊かなスタッフを揃えております。

このページのトップへ戻る
モットー

整形外科全般に対して高いレベルで対応が出来ること。
即ち、当地に大学病院に負けない医療を提供すること。
同じ疾患においてもより楽に、より短期間で治療出来ないかを常に模索してゆくこと。

このページのトップへ戻る
課題、目標、展望

上記のモットーに加え、当院の特徴ともいえるのが、患者様の病状による専門医への紹介ないし“照会”体制です。十分にトレーニングをされたものが治療の重要な局面をカバー出来る様にしています。つまり難しい症例は専門医に紹介したり、画像等を用いて迅速に“照会”し治療方針を決定しています。勿論、病状によっては他科、他院への紹介も、躊躇なく行っています。
また、当院の常勤医師は年間数百件の手術を経験しています。これは一般の病院においては大変に多いレベルです。慶応大学専門医のバックアップと豊富な臨床経験、この組み合わせにより、大学病院に負けない臨床レベルを“いい所取り”しているのです。

このページのトップへ戻る


血管内治療〜長引く痛みへの新しいアプローチ〜:奥野医師



 

江戸川病院 整形外科


所在地:〒133-0052 

東京都江戸川区東小岩2−24−18


電話:03−3673−1221



メディカルプラザ江戸川 整形外科


所在地:〒133-0052 住所:東京都江戸川区東小岩2−6−1
電話:03−3673−1566



最寄駅:JR小岩駅|京成江戸川駅(江戸川病院・メディカルプラザ江戸川共通)




診察科目のご案内 サイトマップ 交通案内 お問い合わせ