これから治療を受ける患者さまへ



 

閉塞性動脈硬化症(ASO)


閉塞性動脈硬化症という足の血行障害を来たす病気があり、壊疽を来すもっとも多い病気です。通常は50才以上の男性に多い病気ですが、糖尿病がある場合は20才台からでも発病し、男女差はありません。粥状硬化という動脈硬化が原因で、足の動脈の壁にコレステロールが沈着して内腔が狭くなり、狭い部分には血の固まり(血栓と言う)がこびり付いて、一層狭くなり、ついにはつまって、血液が流れなくなります。そのため血管がある程度狭くなった時点から足の血行障害の症状が出てきます。最初の症状は間欠性跛行と言い、じっと立っている時や座っている時は異常を感じませんが、一定の距離を歩くと痛みを感じるようになります。すなわち数百メートル歩くと“ふくらはぎ”に痛みを感じ、10〜15分間立ち止まって休むと痛みが消失して再び歩けるようになるという状態を繰り返す症状です。階段を上る際は痛みがより早く、強く感じます。そのまま数か月〜数年間経過すると、歩いて痛みが出る距離がだんだん短くなってきます。階段は上がれなくなります。さらに病気が進むと足趾の先に小さな傷ができ、次第に大きくなって潰瘍となり、痛みも伴います。痛みは次第に増強し、夜間痛くて目が覚めたり、さらには痛くて眠れなくなります。




糖尿病のある閉塞性動脈硬化症


この閉塞性動脈硬化症という病気は、糖尿病のない人にも起こりますが、糖尿病のある閉塞性動脈硬化症では血行障害の進行が速く、重症化しやすいという特徴があります。診断が遅れて放置していると壊疽が急速に拡大し、感染を併発して切断せざるを得ない事態に陥りやすいのです。動脈の障害(病変)は膝から下の細い動脈に起こるため診断がつきにくく、医師の病状に対する認識も十分でない場合が多いため、切断される頻度が高くなります。糖尿病がもとで維持透析になっている場合はもっと重症です。




糖尿病・維持透析例の足壊疽:下肢切断を回避する治療

かつては切断が当然のように行われていましたが、現代、外科医には、切断・義足の代わりに血管移植により自力歩行を可能にさせることが求められており、様々な治療法を駆使してその実現に努力しています。


バージャー氏病

血管炎により主に手、腕、足、下肢の動脈をつまらせて、血行障害を起こす病気です。30〜40才代のアジア人の主に男性が発病し、喫煙が発病や病状の悪化と極めて密接に関係しています。



足を切断から救う

あなたが拒絶しない限り切断されます。足の半分以上が壊疽になっていても踵が死んでいなければ、バイパス術によりそこまで救済できますので、自力歩行は可能となります。


胸郭出口症候群

頸部の筋肉群と第一肋骨の間で腕に向かう神経や血管が圧迫されて、上肢を挙上したり伸ばしたりした時、腕のしびれ感、倦怠感や脱力感、肩、背中、腕、後頭部の痛みなどを訴える病気です。




笹嶋唯博先生のメディア紹介情報


2012.12.15 BS準月日(BS151ch, 12.15 (土) 19:30-20:55

2012.H.18テレビ朝日(5ch,11。18(日)16:00-17:25
「大正製薬 Human Science スペシャル
今、知っておきたい医療の新常識スペシャル
〜iPS細胞最新研究から、がん。脳卒中・糖尿病最先端治療まで〜」
糖尿病足壊疸に対する治療

2012.4.15朝日新聞日曜日朝刊:コラム−ひと−
糖尿病壊疸の足を救う血管外科医

2007.3.19神の手を持つ名医たちシリーズ(日本テレビ「スッキリ!!」)全国放映
File No.7糖尿病患者の足を救う外科医

2003.8.22テレビ健康番組「からだ元気科」(日本テレビ)全国放映
糖尿病による歩行障害:血管移植手術






笹嶋唯博先生のホームページ


笹嶋唯博先生のホームページはこちらをクリックしてください。




血管外科:江戸川病院
住所:〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18  電話:03-3673-1221


血管外科:メディカルプラザ江戸川
住所:〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-6-1  電話:03-3673-1566

最寄駅:JR小岩駅、京成江戸川駅(江戸川病院・メディカルプラザ江戸川共通)