当リハビリテーション科は、急性期から回復期に至る入院・外来患者様に対し、積極的なリハビリテーションを実施しています。

《入院》
一般病棟における整形外科、一般内科、外科、循環器疾患を有する患者様や回復期リハビリテーション病棟の患者様(脳血管疾患、骨折等)を対象にリハビリテーションを実施しております。

《外来》
ボツリヌス療法、高次脳機能障害の評価と訓練、嚥下障害の評価、装具処方などを行っています。



《回復期リハビリテーション病棟》
脳血管疾患、脊髄損傷、の発症又は手術後2ヶ月以内の状態の方。
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は手術後2ヶ月以内の状態の方。
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2ヶ月以内の状態の方。 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靭帯損傷後1ヶ月以内の状態の方。
などを中心にリハビリテーション治療を行っています。

《訪問リハビリ》
小岩地区周辺の在宅者にリハビリテーションを提供し、地域に根ざした医療を提供しております。



『理学療法(PT)』
理学療法は基本的動作能力の回復などを通して、実用的な日常生活における諸活動の自立を図るために、種々の運動療法・実用歩行訓練・物理療法などを組み合わせて個々の症例に応じて行っています。

『作業療法(OT)』
作業療法では、健康に生活するために行う『目的ある活動(生活全般)』を『作業活動』と捉えています。それらの『作業活動』は、身体・精神・心理面の3つの要素から構成されており、大きくは以下のように分けられます。
日常生活活動…食事、排泄、入浴、移動など
生産活動…仕事、家事(調理、洗濯、掃除)など
余暇活動…趣味(手工芸、運動)など
これらの活動を細かく分析し、治療に用いることが作業療法です。

『言語聴覚療法(ST)(言語療法)』
リハビリテーションの中で、主にコミュニケーションの障害と、摂食・嚥下障害に対するサービスを提供する部門です。

『回復期リハビリテーション病棟』
急性期の治療が終了し、回復期リハビリテーションを必要とする患者様を対象にしています。リハビリテーション科専門医による診断と治療方針をもとに、機能回復訓練、歩行訓練などの日常生活動作を改善するためリハビリテーションを集中的に行い在宅復帰や社会復帰を目指します。

『訪問リハビリ』
訪問看護の一環として当院併設の江戸川病院訪問看護ステーション・マックスライフより訪問リハビリを実施しています。当院リハビリテーションスタッフが、小岩周辺地域に訪問リハビリテーションを提供しています。

《施設基準》
脳血管疾患等リハビリテーション料(T)

運動器リハビリテーション料(T)、(U)

呼吸器リハビリテーション料(T)

心大血管リハビリテーション料(T)

がん患者リハビリテーション料




リハビリテーションセンター:江戸川病院
住所:〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18   電話:03-3673-1221 
最寄駅:JR小岩駅、京成江戸川駅