消化器内科のご案内

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管疾患、肝臓疾患、胆嚢、胆管疾患、膵臓疾患等を対象として診療を行っております。
当科では、これらの疾患に対してそれぞれ次のような医療を行っています。


■食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管疾患

  • 吐血などの消化管出血に対する内視鏡的止血術
    (クリップ、エタノール局注、アルゴンプラズマ焼灼等)
  • ヘリコバクターピロリ菌除菌治療
  • 早期胃癌、早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法
  • 内視鏡的消化管ステント留置術
  • シングルバルーン小腸鏡



■肝臓疾患
  • 慢性肝炎に対するインターフェロン治療
  • 肝癌、肝腫瘍に対する経皮的ラジオ波焼灼術
  • 肝癌に対する肝動脈塞栓術(TAE)


■胆嚢、胆管、膵疾患
  • 急性胆嚢炎、胆管炎、閉塞性黄疸に対するドレナージ術、ステント留置術
    (PTCD、PTGBD、ERBD、ENBD、経皮的及び経乳頭的メタリックステント留置等)

  • 胆管結石に対する内視鏡的胆石砕石術
    (ERCPを用いた経乳頭的アプローチの他、経皮的胆管鏡を用いた砕石術も施行。 また特殊機器として電気水圧胆石破砕(EHL)等)




■消化器領域悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)

消化器領域の悪性腫瘍に対しては、腫瘍内科とも協力し、化学療法を行っております。




これらにより、吐血、腹痛などの急性期医療はもちろんのこと、慢性期医療ともに迅速、かつ先進的な充分な診療を提供できると考えております。 なかでも急性期医療のうち、吐血などの消化管出血に対しては、365日、24時間、緊急内視鏡の対応を行っております。
また、外科、放射線科、腫瘍内科との連携も密であり、外科的手術の適応疾患や、消化器領域の悪性腫瘍に対する化学療法について等、週に一度、外科、放射線科、腫瘍内科との合同検討会を行っております。




江戸川病院 消化器内科
所在地:東京都江戸川区東小岩2−24−18  
電話:03−3673−1221
最寄駅:JR小岩駅、京成江戸川駅