外来化学療法センターには、皆様が快適な環境で安全にがん化学療法や放射線療法が受けられるように、専任のがん薬物療法専門医、看護師、薬剤師を配置いたします。

日本人の死亡原因の約1/3はがんによって占められています。日本でもようやく2006年6月16日に『がん対策基本法』が成立し、がん予防、治療、撲滅に重点が注がれるようになりました。

従来、がん治療の外科手術はもちろんのこと、がん化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療でさえ入院治療を行なってきました。その一方で入院治療は、非常に皆様方の生活の質(Quality of life:以下QOL)を低下させています。それはひとえに、がん化学療法や放射線治療および各治療法の副作用に対する支持療法が確立されていなかったことによります。

しかし近年、これらがん化学療法や放射線治療法の確立および各治療法の副作用に対する支持療法の急速な発展に伴い、がん化学療法や放射線治療の大部分は外来治療が十分に可能となって来ました。さらにこれらの治療は、皆様のQOLを極力損なわず、快適な環境でかつ安全に受けられるように望まれております。

『日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医』は2名おります。 がんや血液疾患の患者様に安心して受診していただける体制となっております。

『がん薬物療法専門医』,『がん治療認定医』について

江戸川病院は『日本臨床腫瘍学会認定研修施設』に認定されました。

日本臨床腫瘍学会