入院から退院まで

手術前

インフォームドコンセント

医師から模型や実際の人工関節を使って、術前説明があります。

(インフォームドコンセントの主な内容)
○手術の目的 ○手術によって期待できる効果 
○手術方法 ○術後の注意点 ○麻酔の危険性について
○輸血について ○合併症について

合併症
麻酔のリスク、感染、深部静脈血栓症、肺塞栓症、出血ならびに輸血のリスク、関節可動域制限、ゆるみ、骨折、金属アレルギー など



入院

手術の前に、必要な検査を受けます。服用しているくすりがあれば必ず病院のスタッフに伝えてください。特に血をサラサラにする薬は注意が必要です。
手術前日は夜9時以降の飲食ができなくなります。

手術準備

当日
術衣に着替えます。
静脈に細い点滴をします。このチューブは、手術後も抗生物質やその他のくすりを投与するのに使います。

麻酔

手術室に入ると麻酔がおこなわれます。麻酔には全身麻酔と局所麻酔があります。背中に細いチューブを残す持続硬膜外麻酔などは、術後の痛みをコントロールするのに適しています。麻酔が十分に効いてきたら、消毒液を使って手術する足を広く消毒します。

止血

手術中に出血しないよう駆血帯を使って、手術する下肢の血流を一時的にせき止めます。

皮膚切開

膝の関節が見えるように皮膚を切開します。

損傷骨の切除

損傷の状態を確認し、専用の器具により適切なインプラントを設置できる様、正確に骨の形を整えます。

人工関節の固定

骨の切除が済むとインプラントを骨に固定します。膝が良い状態で機能するように、膝のまわりにある靭帯も調節する必要があります。

縫合

医師はインプラントがしっかり固定され、十分に機能することを確かめると、切開した部分を縫合します。

手術終了

手術したところから自然に生じてくる液を外へ流し出すために、専用の排液管(ドレーン)を傷口に挿入することがあります。その後、傷口を滅菌包帯でおおい、回復室に移ります。

手術にかかる時間はおよそ1.5〜2.5時間で、個々の状況によって変わります。

輸血について
手術中および手術後には、輸血を必要とする可能性があります。
これには手術の前に自分の血液を採っておき、手術後にそれを輸血する方法(自己血輸血)を行う事が良く行われます。



手術後

麻酔が覚めてくると、ゆっくりと意識が回復してきます。看護師が付き添い、肺の中の空気をきれいにするために、咳や深呼吸をするよう促します。
また、手術直後の痛みを取り除くため、痛み止めのくすりを使います。

病室へ

十分に麻酔が覚めたら、病室へ戻ります。手術直後は頻繁に血圧や体温を測ったりします。

リハビリ

病室に戻ると、リハビリが始まります。リハビリによって、膝の力、バランス、可動域(動かすことができる範囲)を効果的に回復させることができます。

また、理学療法士が最適な運動をおこなう手助けをしてくれます。

筋肉を最大限温存する当科の方法では、術翌日〜2、3日で歩行練習が可能です。

また各種カテーテルやドレーンが抜ければ、傷を防水フィルムで保護してシャワー入浴が可能です。これは普通術後5日程です。

当院では多くの症例が溶ける糸による埋没縫合法を用いて傷を閉じますので、その場合抜糸は不要です。

退院

回復が十分であると医師が判断したら、退院することができます。これは約2週間ですが、痛みの感じ方や、経過によりかなり差があります。早い人ですと数日、もっとも遅い人でも30日程です。

 

センター受付
手術室
手術室前の廊下

 

(写真をクリックすると拡大します)