『読売新聞 2012/12/2』
・心臓病に関する治療件数の記事が掲載されました。
「病院の実力 心臓病」
江戸川病院が東京都における「心臓カテーテル治療」の件数で第一位になりました。(医療機関別2011年実績)




『GE today』

・超低被ばく心臓CTの実績 〜心臓CT検査4,000例を振り返って〜
江戸川病院 循環器内科部長 慶田毅彦


 CTの技術発展は目覚ましく、ここ数年の間に多列化が進み、その恩恵は循環器領域に落とし込まれてきた。当院では、2003年にT社16chを導入。そして2006年にP社64ch CTが導入され、心臓CTを開始している。そして2009年12月より、GE社Discovery CT750 HDが稼働することになり、このCTの分解能の高さと低被ばくの実現性の高さからHDCTが心臓専用のCTとしての位置づけになった。PCI/CAG(%)は2006年に66.2%だったのに対し、2009年には89.2%に向上した。心臓CTより、不必要なCAG検査が減ったと言えよう。


   



『朝日新聞 2011/10/25』
・慶田先生に関する記事が掲載されました。
「狭心症 広まるCT検査」
〜・・・ 慶田毅彦循環器内科部長によると、2010年1月〜11年7月に行った心臓CT検査で、従来の方式で撮影した場合は、被ばく線量が平均12・5ミリシーベルトだったが、新しい技術を使うと、平均1・7ミリシーベルトと、8割以上減らせた。患者によっては1ミリシーベルト以下にできた。ただ、不整脈がある患者は、この技術ではうまく撮れない。技術を利用できた患者は全体の約半数だった。・・・〜




『手術数でわかる いい病院 全国&地方別データブック 週間朝日MOOK』 2011年度版
・心カテーテル治療『全国データ』にランクインしました。

全国データで14位にランクイン。
   



『PRESIDENT』 2010年1月4日号
・心カテーテル治療ベスト50病院で24位にランクインしました。
   



『日本経済新聞』 2009年12月20日
・日経・日経メディカル調査で「実力病院」にランクインしました。
   



『INTERVISION』 2009年5月号
・慶田毅彦医師の記事が掲載されました。
・《Angioのストラテジー&アウトカム》Angioの技術進歩と臨床にもたらす影響
−心房細動の高周波カテーテルアブレーションにおける EP Navigatorの有用性:
   64列CTとX線透視の組み合わせ
       



『医師がすすめる最高の名医+治る病院』
・3大都市圏「心臓カテーテル治療」に強いトップ28病院
・3大都市圏「不整脈治療」に強いトップ28病院
       




『手術数でわかるいい病院2008年号』
・心カテーテル治療全国ランキング
・心カテーテル治療地方別ランキング関東

        




『プレジデント』 2007年12.17号
頼れる病院にランクインしました。

     




『月刊現代』 2007年9月号
●3大都市圏:『心臓カテーテル治療(狭心症・心筋梗塞)』に強いトップ30病院
●3大都市圏:『不整脈』に強いトップ30病院
上記、二つのランキングにランクインしました。