■ 平成25年度(ハートセンター・循環器内科)

大平 洋司

・Predictors of Antegrade Failure in Cases Switched after Retrograde Attempt: Subanalysis from Japanese Multicenter Registry Data

《第78回日本循環器学会学術集会(東京) 2014年3月21日〜23日》



慶田 毅彦

・Interrelationship between the vein of Marshall and the activity of the ganglionated plexi in atrial fibrillation

《Heart Rhythm2013(Denver) 2013年5月7日〜11日》



・Interrelationship between the vein of Marshall and the activity of the ganglionated plexi in atrial fibrillation

《第28回日本不整脈学会学術大会(東京) 2013年7月4日〜6日》



・Anatomical Variations of the vein of Marshall in Patients with Atrial Fibrillation

《第28回日本不整脈学会学術大会(東京) 2013年7月4日〜6日》



・(ランチョンセミナー) 心臓CTの技術革新と臨床応用「低被ばく心臓CT検査とモーション抑制 アルゴリズムについて」

《第22回日本心血管インターベンション治療学会(神戸) 2013年7月11日》



・日本心臓病学会・日本心臓核医学会ジョイントシンポジウム
心不全と心臓核医学「心臓再同期療法における心臓核医学検査の有用性」

《心臓病学会(熊本) 2013年9月20日〜22日》



・Marshall静脈と周辺組織(左心房、冠静脈、肺静脈)の電気的接合についての検討

《第30回日本心電学会学術集会(青森) 2013年10月11日〜12日》



・心房細動におけるマーシャル静脈化学的アブレーションの短期成績と安全性

《日本不整脈学会カテーテルアブレーション関連秋季大会 2013(横浜) 2013年11月1日〜3日》



目黒 健太郎

・The anatomical investigation of sinus nodal artery for the chemical ablation of vein of Marshal

《第28回日本不整脈学会学術大会(東京) 2013年7月4日〜6日》



・Early Experience and Outcome of Percutaneous Balloon Aortic Valvuloplasty

《第22回日本心血管インターベンション治療学会(神戸) 2013年7月11日〜13日》



・心疾患患者における運動耐容能と入院前の身体活動度との関係

《心臓リハビリテーション学会(仙台) 2013年7月13日〜14日》



・重炭酸ナトリウム少量投与による造影剤性腎症の予防―3年フォローアップの結果

《心臓病学会(熊本) 2013年9月20日〜22日》



菊池 達郎

・高分解能64列CTによる冠動脈ステント再狭窄の検出の正確性に関する検討

《内科学会総会 2013年4月》



・Neointimal coverage of Biolimus-eluting stents at 10 months follow up evaluated by optical coherence tomography

《第22回日本心血管インターベンション治療学会 2013年7月11日〜13日》



・閉塞を繰り返す血栓の処理に難渋した ACS の一例

《TOPIC 2013 (東京) 2013年7月25日〜27日》



・薬剤溶出性ステント再狭窄病変に対するEverolimus Eluting StentとBiolimus Eluting Stentの臨床成績の比較検討

《心臓病学会(熊本) 2013年9月20日〜22日》



・Nobori留置後10か月後にOCTでperi-stent ulcer like appearanceを認めた2例の2年後のフォローアップ

《第24回日本心血管画像動態学会(福岡) 2014年1月24日〜25日》



藤田 雅樹

・Ethanol infusion in the vein of Marshall was very useful for pulmonary vein isolation: two cases

《第28回日本不整脈学会学術大会 2013年7月4日〜6日》



・PAC bigeminy resolved by chemical ablation to the vein of Marshall

《第28回日本不整脈学会学術大会 2013年7月4日〜6日》



・Should we choose Zotarolimus-eluting stent in patients with diabetes mellitus in acute coronary syndrome?

《第22回日本心血管インターベンション治療学会 2013年7月11日〜13日》



・Clinical outcomes of surgical thrombectomy by fogarty balloon catheter in patients with acute peripheral artery thrombosis

《第22回日本心血管インターベンション治療学会 2013年7月11日〜13日》



・高度石灰化病変のため、stent delivery に難渋し、抜去する際に stent 脱落したが、bailout し得た AMI の一例

《TOPIC 2013 (東京) 2013年7月25日〜27日》



・ガイディングカテーテルのエッジで LMT から LCX までの解離を来した一例

《TOPIC 2013 (東京) 2013年7月25日〜27日》



・分岐部病変に対するPCIの臨床成績の検討(第1世代DES vs.第2世代DES)

《心臓病学会(熊本) 2013年9月20日〜22日》



知念 敏也

・CAS前の画像診断で不安定プラークが予測され,closed-cell stentを用いたにもかかわらず大量のin-stent protrusionを生じたが,proximal protection下での手技により,周術期遠位塞栓性合併症を免れた一例

《第12回日本頸部脳血管治療学会(東京) 2013年5月29日》



・高度石灰化病変を伴う右内頚動脈狭窄症に対して頚動脈ステント留置術を施行した後、数日間持続する著明な徐脈・低血圧を呈した1例

《JET2014(東京) 2014年2月14日〜16日》



中田 円仁

・特発性冠動脈解離の一例

《第42回関東甲信越CVIT(東京) 2013年5月11日》



・特発性冠動脈解離 spontaneous coronary artery dissection(SCAD) に対して OCT が有用であった一例

《TOPIC 2013 (東京) 2013年7月25日〜27日》



・OCTによりLCXの解離を来たした一例

《第43回関東甲信越CVIT (東京) 2013年10月25日〜26日》



山下 達也

・右冠動脈の蜂巣状構造物をOCTで観察し得た1例

《近畿心血管ジョイントライブ2013(京都) 2013年4月18日〜20日》



・Zilver PTX留置5ヶ月後に急性下肢動脈閉塞を来たし、モンテプラーゼを使用し、血行再建を施行した1例

《第42回関東甲信越CVIT(東京) 2013年5月11日》



・Evaluation of radiation dose and image quality of CT coronary angiography using pre-scan beta blockers (combination of landiolol and propranolol)

《第22回日本心血管インターベンション治療学会(神戸) 2013年7月11日〜13日》



・急性心不全の加療中に腎梗塞を発症し、カテーテルインターベンションを施行した一例

《TOPIC 2013 (東京) 2013年7月25日〜27日》



・SnapShot freeze を使用した冠動脈CTの新しいプロトコールの有用性についての検討

《心臓病学会(熊本) 2013年9月20日〜22日》



・下肢動脈の高度石灰化病変に対するdual energy CT angiographyの有用性

《第24回日本心血管画像動態学会(福岡) 2014年1月24日〜25日》



中田 雅也

・健康診断の心電図異常で見つかった心臓横紋筋腫の1例

《第230回 日本循環器学会関東甲信越地方会(東京) 2013年12月7日》