平成21年1月以降に江戸川病院を診断・治療のためにはじめて受診したがん患者さんの、院内がん登録を開始しました。登録の目的は、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さん・ご家族への支援に役立てることです。


  院内がん登録とは


   入院・外来を問わず医療機関で“がん”の診断・治療を受けた全患者について、がんの診断、治療及び予後に関する情報を登録する仕組みです。
 現在、我が国においては、全国どこでも全ての人が平等に同等のがん医療サービスを受ける事ができることを目標とし、がん患者の治療内容や治療成績などの指標を同じ項目、同じ定義、同じ区分で情報を収集し、病院として提示するための仕組みを築いています。


  院内がん登録で得られる情報


◎ 来院・発見までの経過
  どのような経路により当院を受診したのか、発見される最初のきっかけとなったものは何かを把握できます。
◎ 来院時の状況
  治療前の病期(がんの進み具合)
◎ 治療方針の決定と実施
  術後病理学的病期(がんの進み具合の確認)
  治療効果の評価情報(初回治療のみ)
◎ 予後関連情報
  生存期間など
◎ 他院や他地域と情報の比較が可能
  各病院、各地域の特徴を広く知る事ができます。


  院内がん登録の登録対象


   当院でがんの診断・治療を受けた全患者について、上皮内癌を含む全悪性新生物、脳腫瘍に関しては良性であっても対象疾患としています。登録は患者や入院毎ではなく“がんがいくつあるの?”という登録「1腫瘍1登録」です。例えば、同一の腫瘍で複数回入院していても、登録は1つとなります。


  登録方法


   登録は「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 標準登録様式 登録項目とその定義 2006年度版 修正版」に基づき、国立がん研究センターがん対策情報センターが開発したHos-CanRというコンピュータ・ソフトウエアで行っています。
 登録に用いる病名は世界保健機関(WHO)が出版した国際疾病分類−腫瘍学 第3版ICD‐Oのコードに基づき、病期は国際対がん連合(UICC)で定められたTNM分類で行います。


  院内がん登録


   

「当院の平成21年〜平成28年症例報告」<PDF>

   

「当院の平成26(2014)年症例報告」<PDF>

   

「平成24(2012)年全国集計、当院の平成25(2013)年症例報告」<PDF>